ランチ イン サバンナ

夢は全部バクに食べられた

ブログ開設

こんにちは。

 

ひさしぶりにブログを再開しました。

IT系のOLだっていうのに、ブログのあれこれが

全く分からない。

 

3ヶ月のカンボジアでの修行を終え、

日本に帰国してから、早くも1週間が経過しました。

 

たった3ヶ月なのに、マインドがものすごく

入れ替わっていて、なんとなく新鮮で、エネルギーに

満ちた時間を過ごしています。

 

仕事でなんちゃってグローバルなプロジェクトを

経験していたので、このままじゃ、

うぬぼれグローバル人材になってしまう!との

危機感から飛び込んだカンボジア


もううぬぼれなんて吹っ飛ぶくらいの経験をして、

そう思わせてくれる人に会って、自分の小ささと、

同時に可能性を感じて帰ってきました。

 

さて、今週は早速、ソーシャル界隈のイベントに

行ってきました。

poverty.incというドキュメンタリーを、

andu ametさんのギャラリーで鑑賞してきました。

 


Poverty, Inc. | Official Trailer

 

会場にいらっしゃる方の8割程度がアフリカでの

勤務経験があるという。

これまでの人生でアフリカで働いている方との

接点を持っていなかったので、衝撃を受けました。

 

私は援助業界と関わったことがほぼなかったので、

正直本作は衝撃的というか、考えてみればそうだよな

という新鮮な納得感があったんです。


でも、観賞後のトークセッションの場でみなさんが「既視感がある」とおっしゃっていたのが、印象的でした。

現場レベルでは10年前から言われ続けていることだと。

でも、日本の問題に応用ができるかもしれないねと。

 

何段も上の議論に、ただただ、こんな世界があったのか…と

ひたすら圧倒された。

でもこれまでこの世界になにもアクセスできて

いなかったのが、いまこうしてその場に、

置いていかれてたとしても、いられることがすごいなあと

ポジティブに考えていたのでした。