ランチ イン サバンナ

夢は全部バクに食べられた

QED 六歌仙の暗号

今週の読書感想文

 

高田崇史六歌仙の暗号」

 

QED 六歌仙の暗号 (講談社文庫)

QED 六歌仙の暗号 (講談社文庫)

 

 

高田崇史さんの本は前作の「QED 百人一首の呪」以来2冊目。

相変わらず読み応えが半端じゃない…。

 

amazonの紹介文より引用

七福神は呪われている」明邦大学を震撼させた連続怪死事件以来、その研究はタブーとなっていた。しかし、棚旗奈々の後輩・貴子は兄の遺志を継ぎ、論文を完成させようとする。そして新たな事件が!?ご存知、桑原崇が歴史の闇に隠された「七福神」と「六歌仙」の謎を解き明かす。大人気シリーズ第2弾。

 

平安時代に広く信じられていた「言霊」と「怨霊」を軸に

古今和歌集」に込められた意味、「七福神」と「六歌仙」の謎を解き明かしていく。

 

このシリーズでは日本の古典が取り上げられ、多くの神様するのだけれど、

とくに歴史や古典に興味がなくても、好奇心をくすぐられてしまうという

とんでもない啓蒙パワーを持っていると思う。

 

ネタバレ注意で感想を以下に。

 

 

今回の作品では「言霊」と「怨霊」という当時の信仰が鍵になっている。

 

特に衝撃を受けたのは、当時は「言霊」の力が信じられていて、

一流歌人の歌には大きな力があると恐れられていたということ。

当時飢饉は怨霊の仕業と考えられていて、それを鎮めるために

「雨請い」を行い、人質を捧げることもあった。

その中で、天皇から雨請いの名を受けた小野小町は和歌を読み、

雨を降らしたという。

一流の歌人とは一流の言霊使いだった。

 

今の時代、それこそSNSなどで簡単に言葉を発信できるけれど、

昔は思ったことをそのまま口に出すことはできなかった。

だから気持ちを歌に込め、「暗号」とも言える仕掛けまでして歌を詠んだ。

 

作中で数々の和歌に込められた意味を、タタルが時代背景とともに

説明してくれるけど、もはや私たちには推測することしかできない。

もしかしたらこじつけかもしれないし、もしかしたら真実かもしれない。

 

今まで考えていた「和歌=娯楽」というイメージを大きく覆され、

平安という時代の人々の思いにちょっと思いを馳せたりしてみた。

 

こうやって少しずつでも知らないことを知れること、

高田崇史さんの本を読む上での大きな楽しみです!

 

ただ神様も、日本の古典も、各地にある神社も全く知識がないので

名前を読むのも一苦労な訳で、パワーが必要なんですよ…。

少しずつこのシリーズ、読み進めて行きたいです。

 

 

 

新しい朝

AM5:30

なんだか、今日やっと目覚めた気がする

 

半年間のネガティブな時期を超えて、

いますごくエネルギーがある

 

目の前の新しいこと、難しいこと、苦手なことに目を取られすぎていて

本来自分が好きなこと、得意なこと、やりたいことが

全然見えていなかった

 

でもなぜか今日、やりたいことが溢れてきた

 

それは目の前の仕事は全く関係がなさそうで、

今までの自分はそれがなんだか許せなかった

 

目の前の必要な、期待されることも出来ていないのに、

関係ないことに時間を割いていいのだろうか?

 

なぜかそんな風に思っていたことに今日気付いた

 

いいじゃん、いまこの瞬間出来なくたって

いつか出来るようになれば

 

いいじゃん、いつか自分の好きなことが

今の仕事につながるかもしれないし、つながらないかもしれない

新しいことがやりたくなるかもしれない

 

そんなこと考えずに、やりたいことやればいい

 

でも、やりたいことやるために、やるべきことはきちんとやる

そしてやりたいことのための時間をできるだけ作る

 

だからもううじうじ悩んでないでひたすら挑戦して

まあ怒られたり、失望されるときもあるかもしれないけど

とにかく前に進むことにする

 

 

 

新しい朝が来た!

すこしだけ優しくなって

もう2月が終わる…

なんでことだ…

 

今月は異動後の仕事が本格化してきて、残業時間はそんなでもないんだけど、

とにかく分からないことだらけで、もう大変でした。

気持ちの上ではもう数ヶ月経った気分です。

 

そんな中またもや図書館巡りにはまっております。

 

最近は小説以外の、エッセイとかもすき。

https://www.instagram.com/p/BQ958dWD6hn/

 

 

「わたしは甘えているのでしょうか?」(27歳・OL) (幻冬舎文庫)
 

 

タイトルの年齢、職業に共感してしまい手に取った一冊。

飲み会やブランド品にお金を使うことを投資と表現する27歳に対してのコメント

自分への投資というのは「どうやって生きていくのか?」という問いに対して、真摯に応じることです。

あまり共感できる悩みは多くないんですが、というか同年代女性の私が読んでいても「くだらないなあ…」なんて思ってしまうくらいの悩みに、こんな感じで村上龍がごくまじめに回答しているのが愛しい。

 

20代後半女性の悩みって仕事1割:お金3割:男6割って感じ。

女子会参加してての実測値もきっとこんな感じ。

 

でも本書で語られるような悩みを持つ女性には、村上さんのような端的で合理的でぐうの音も出ない本気の回答は響かないし、求められてないと思うのです。

 

となると、本書の読者層はいったいどのあたりなのでしょう。

 

爆笑するような作品ではないですが、20代後半の女子の悩みと、村上さんの回答の温度感のギャップを楽しめる作品だと思います。

 

夜の向こうへ

先週末、石巻市に行ってきました!

 

https://www.instagram.com/p/BPzeHIqgeQ0/

東北は本日快晴です!.今年の目標の1つ、日本国内旅行、早速第一弾に来てみました!.現地まで一人だったんですが、相変わらずボケたことを散々やり、無事につけてホッとしてます。。.東北って思ったよりずっと近い!初めての宮城県、初めての石巻市!.#旅行 #伊坂幸太郎 #仙台 #旅

 

初の仙台(乗り換えで降りただけだけど)だったので、伊坂幸太郎のエッセイ、仙台ぐらしをお供に、新幹線に乗りました〜!

エッセイは初めて読んだけど、独自の文章にくすくす笑ってしまいました。

 

後半は震災後に書かれたエッセイと短編。

3.11のときは私は東京にいて、東京でも大きな揺れを感じてすごくこわくて。

なんとか徒歩で家に帰ったあと、テレビで見る東北の状況に衝撃を受けたのを覚えています。

 

エッセイの中で、壊滅的な被害を受けた土地と比べ、「仙台は無事でよかったね」と言われることがあるが、決してそんなことはない、と伊坂さんが書いていたのが印象的でした。

 

やっぱり現地に行かないと分からないことがあるし、現地に行っても、現地の人々に寄り添わなくては分からないこともある。

究極に言えば、共感はできても完全に理解することはできないから、その中でどう向き合っていくかがとっても大切になるんだと思う。

 

私は震災後になかなか東北に行く勇気が出なくて、6年経ってやっと初めて行ったわけで。

だから比較は出来ないけど、とにかく前に進まなくてはいけない、片付けなくては行けない課題が解消されつつあり、ここからもう1歩発展するためにどうするか?がこれからの課題なんだと感じました。

 

やっぱり一歩踏み出さないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとかけらのチョコレート

あわわわもう一月が半分終わる!


年始に目標50個立てたんですが、

この半月で1個達成しました〜〜?


このペースだと終わらない、、、笑


もう1個今日か来週達成予定!

試験モノです。。うう勉強しなきゃ。。


目標の1個に、掃除機を買う!ってのがあり

(それが目標なのかって話は無し!)

エレクトロラックスかダイソンか、、


今月中に決めます!

今のところエレクトロラックスが優勢!


エレクトロラックス サイクロン式スティック&ハンディクリーナー(ローズゴールド)【掃除機】Electrolux Ergorapido Lithium (エルゴラピード・リチウム) ZB3114AK




追い風をたどる

 あけましておめでとうございます〜!

 

2016年最後の映画は「ニューイヤーズ・イブ」

出演者が豪華!!

 

ニューイヤーズ・イブ [DVD]

 

何も難しいこと考えずに見れる、いい作品です。

ニューヨークのキラキラした雰囲気に、さらに年越しの

新年に対する期待感が加わって元気がもらえます。

 

オムニバス形式で、各登場人物にさりげなく

関係があるので、目が離せません。

個人的には、年越し前に目標を達成しようと

自分の殻を破っていく女性がすきでした!

 

 

そして2017年初映画は、鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド [DVD]

 

見たのは2回目でしたが、安定感がある!

普段映画を見ない人にもおすすめできます。

 

キャラの描き方に愛が溢れてるんですよね〜。

いま話題の「君の名は」とは違う「入れ替わり」

 

肉体的にはそのままなんだけど、全く異なる2人が

入れ替わると、状況はこうも変わるのか〜!って。

人間、やり方次第なんだなあ、って深いことも

考えちゃうような作品でした。

 

今年は映画を見て、本を読んで、

アウトプットすることを目標にします!

 

まだ語彙力が乏しいからレビューもお粗末ですが、

年末にはしっかり感想を書けるように…!

なってたらいいな〜!

 

 

 

愛しい君は赤道線のうえ

冬だ!!!!!年末だ!!!!!

はやすぎて!!!!脳が追いつかない!!

 

びっくりするくらいブログ更新してない

 

f:id:lunchinsavanna:20161228120332j:plain

ところでRENTを見に行って来ました

 

わたし、映画で泣くってあまりないのだけど

これだけは毎回号泣しちゃう

 

音楽も全部よくて、サントラへびろてしてる

 

ストーリーがすごく良くて、

語りたいのにボキャブラリーがない

 

来年の目標はきちんとアウトプットすること

そのためにブログも書く癖つけよう…!

 

日本でサラリーマンしてると

気付かないうちに世界が狭くなる

 

見えてないものはないものと同じになってく

 

だから、早くまたアジアに行かないと…!